医学部受験生は生物必修か?

医師になろうとしている人が「生物に興味ない」ってどうなんでしょう。というか医学生ならちょっとは生物にも医学にも興味があると思いますが・・・。

医学部受験には理科二科目必要

一般的に医学部受験には理科が2科目必要です。昔、九州大学医学部とかは理科3科目必要だった気がしますが、今はもう2科目になっていたと思います。詳しくは九大医学部のHPをご確認下さい。

さて、大抵の医学部はセンター試験で2科目の理科を受けて、二次試験で2科目の理科の試験を受けます。二次試験で理科がない医学部とかもありますが、まだ一部にすぎません。

理科は生物、物理、化学の三つから選ぶことが多いと思います。

自分は生物と物理を選んでいました。

入学後、役に立ったのは生物ですね。物理もそれなりに役に立ちますが限定的です。放射線診断や治療の基本となる原理は物理学ですので、そこらへんで役に立ちます。あとは歩き方に障害がある場合、杖や松葉杖などを使うと思います。ここらも基本的な力学の知識が役に立ちます。でも、物理学未修でもなんとか理解ができると思います。

個人的には化学がほぼ未修レベルであるのが自分の弱点です。

生化学や薬理学はかなりの苦手分野です。化学の構造式なんて出るとそれだけで絶望的な気持ちになります。それでも、定期試験を突破するのはそれほど難しくありません。

医学生に生物は必修か?

医学生に生物が必修か?と問われれば『否』でしょう。

しかし、生物に全く興味が無い、というのは頂けないような気がします。医学部を出て臨床するも、研究するも結局は生物に関連するからです。医学部を出て医学とまったく関係無い世界で生きていく(小説家とか)なら良いんですが・・・。

生物も医学も興味ない人が実臨床に出て診療するのってちょっと怖いです。とりあえず国家試験を突破するだけの知識だけ付けて適当に臨床経験を積む・・・。

よくわからないですね・・・。医学部にいて、国家試験を受けようとしている時点で生物にも医学にも興味が無い訳ないと思いますね。

なんか、かっこうつけて『僕は医学にも生物にも興味ない』と言っているような気がします。

医学部受験と医学部の定期テスト

だんだんとブログのネタも尽きてきた今日この頃。今回は気軽に医学部受験と医学部の定期テストについて書いてみたい。

それと、医学部受験に成功したひとのブログとかもかなり飽和状態なので、新たな視点とかそういうのも見つけづらい状況となってます・・・。

医学部受験と医学部の定期テストどっちが辛い?

断然医学部受験の方が辛いです。

医学部受験は受からないと始まらないですし、やっぱりレベルが高い。相当な学力がある人なら別でしょうが、凡人だと努力+運要素も必要となってくると思います。

なので、3〜5年間の浪人も覚悟しなくてはならない。しかも、この期間は肩書き的には無職なので、人間的にレベルアップしてない感が強いです。

一方、医学部の定期テストですが、これもそれなりに辛いのではありますが、医学部の受験と比べたら鼻クソレベルだと思います。

確かに医学部の定期テストで落単し、留年になってしまうのも嫌なのですが、せいぜいもう一回その学年をやるだけで、学生の身分には代わりはありません。

この無職であり続ける状態と、学生の身分を保っている状態では天地ほどのさがあります。

医学部の定期テストの辛さ

医学部の定期テストの辛さは、テスト自体の難易度よりも『留年してしまう』というプレッシャーの方が強いでしょう。

やっぱり医学部において留年は非常に恥ずかしいことであるというのが一般です。もちろん、やんごとなき理由によるものは別ですが、純粋に単位を落としての留年は恥ずかしいです。

単位を落とすということは純粋に勉強ができないことであり、その試験突破に必要な最低限の努力ができない人間の烙印を押されてしまいます。

なんだかんだいって医学の世界は勉強量が重要ですから、それを測る定期試験で落ちるということは『医師に向いてない』と言われているようなものです。実際は単位落とそうが、留年しようが素晴らしく、立派な人はいくらでもいるのですが、医学生の段階ではそれがわからないので、やっぱり勉強ができるか否か?である程度人間をみられてしまうのも真実です。

医学部一般入試を受けてない人

医学部の一般入試を受けていない推薦入学やAO入試の人たちは医学部の定期テストでヒーヒー言っているようです。

もちろん、ヒーヒー言っているだけできっちり合格している人が多数であります。

しかし、高校の定期試験とセンター試験の勉強しかしてない層からすると医学部の定期試験は辛いものに感じるだろうな・・・・と思います。

とにかく範囲が広くて、しかも、一つのテストが終わるとすぐ別の試験があるようなスケジュールなので大変です。

ま、最初は慣れないのでペースがつかめないのですが、3年生くらいになればコツをつかんで、どのテストをいつからどれくらいやればいいのかが分かってきますから安心です。

最後に・・・

自分が医学部の勉強についていけるか不安な受験生も多くいると思います。

でも大丈夫。

医学生の中で勉強がついていけなくて放校になったひとまだ見たことないから・・・(国立大学医学部に限る)。

東京医科大学の不正の影響

東京医科大学の不正入試を皮切りに私立を中心とした全国の医学部で女子差別、多浪差別が明るみにでました。その後の最初の入試である2019年の結果が出揃いました。

女子・多浪生の躍進

全国81の医学部での合格率

男子:11.51% → 11.86%
女子:9.46% → 10.91%

昭和大、日本大、山梨大など計26校で女子の合格率が男子を上回った模様。

なお、文部科学省に女子差別を指摘されていた東京医科大、順天堂大、北里大と、その疑いを指摘された聖マリアンナ医科大の4校の合格率は男子12・12%、女子13・50%であった。

読売新聞 「不正排除した」医学部女子合格率、男子超える

本来の女子の実力が反映されているのならそれは良いことであると思う。

東京医科大学の結果

さて問題の大元の東京医科大学の結果はどうであったのか?

男子:9.04% → 19.84%
女子:2.91% → 20.21%

以上の通りです。

まず受験者数が相当減っていることがわかります。そして、女子の躍進、というかこれが普通の結果なのでしょう。不正を行なってなければ男子も女子も同じくらい受かっていた訳ですね。

ちなみ順天堂大は、

男子:10.08% → 7.72%
女子:5.23% → 8.28%

北里大は、

男子:9.11% → 15.66%
女子:10.63% → 20.28%

いずれも女子の躍進が目立ちます。

なぜ女子の合格率が増えた?

女子の合格率が増えた理由は報道によると、

”不正を排除した結果”
”女性の面接官を増やした結果”

などとありました。

女性の面接官を増やした結果、男子よりも女子の合格者が増える・・・というのはなんとも解せません。

どっちかというと、性差を基準に盛り込む男性面接官がいなくなった・・・という方がしっくりきます。ま、どっちでも同じですかね。

持論

性別による差別、年齢による差別があることは非常に問題であり、今回の事件でかなりそういった差別も縮小されたことは喜ばしく思います。

しかし、ちょっと気をつける必要とあると思っています。

医学部のような組織は横並びが往々にして生じます。つまりは医学部が横で連携して合格率を調整するようなことです。

やっぱり今回女子差別が明るみにでてしまった医学部においては女子の合格比率の上昇は必須です。

でも何も手を加えないと圧倒的に女子が多くなってしまっている場合(男4:女6とか)、他の医学部とも情報連携して『今年は男女比率これくらいでいきましょう』みたいなことをしていてもおかしくありません。

今回の結果は『女子が躍進、やっと正当評価される時代がきた!』と喜ぶべきものではないのかもしれません。本当はもっと女子の方が合格していたかもしれません。

以前の記事にもちょくちょく書いていますが、医療はシステムであり、医学部や医者というものもそのシステムに組み込まれる一部です。

医療システムは大規模な変更を行うと破綻する可能性が高いです。なので、今回の入試の結果も小さい変化に留められている可能性も否定できません。

面接点や小論文で点差をつけなくても、英語の和訳問題や数学の記述式、いくらでも女子に不利な採点をすることは可能です。

医療システムを変革しつつ、入試制度の更なる適正化をするのはなかなか難しい技なのかもしれませんが、関係者各位には頑張ってもらいたいものです。

医学部受験について

医学部受験をしてから早数年。

そろそろ数学の公式はおろか理科の知識も薄らいでいると感じる今日この頃。

医学バカにならないためにも色々な知識を吸収しようと思うがなかなか医学以外に手が回らない状態。いや、医学自体もまだまだ手が回らない状態・・・。

医学部受験界隈では東京医大に端を発する不正入試事件が記憶に新しい。全国の多くの医学生は『どうせ私大なんてそんなもんでしょ。』と思っているだけである。

確かに国立の神戸大学医学部でも不正があったみたいだが、地域枠をちょっといじった的な話。基本的には国立大学医学部の不正はほぼないと言っていいだろう。

というような話をすると『○○大学医学部の面接で年齢で差別された!!』とか騒ぎ出す人が多い。

確かにそれは真実なのかもしれないけど、どうしようもない。

叫んだところで、然るべき行動を取らないと社会は変化しない。ひとりブログやツイッター等でわめくだけではダメだ。

世の中には間違っていることなんて腐る程あるし、それを変えるなら政治家などになるしかない。

さて、医学部受験の話からやや逸れてしまったので、個別の自分なりの受験体験記はまた今度の機会に行うこととしよう。