とある居酒屋の店長のはなし

今回は毛色の変わったお話である。

近所の個人経営の居酒屋の店長のはなし

これは80%がた僕の想像が入った話である。

近所にある個人経営の居酒屋がある。

残念ながらこのお店は4月くらいに閉店となった。2,3度飲みに行ったことはあるが、可もなく不可もなくというお店である。

廃業して当然・・・というわけではない店だと思う。この店の前にもっとつぶれるべき店がたくさんあるからだ。

しかし、お店は閉店となった。その理由は知らない。

お店が儲からなくて赤字続きでやめたのかもしれないし、赤字じゃないけど儲からないので新しい業態をはじめるために今の店を閉めたのかもしれない。

この店には店長とアルバイト数名がいて、全体的に接客は悪くなかった。店長は30代後半の大柄の男であった。

そして、この店の一階下には系列店があって、たまにそちらの営業も管理しているようであった。ちなみにこっちの店は閉店していない。

店長はいなくなった

その閉めた店の店長は階下の系列店で働くかと思っていたが、そうではなかった。その階下のお店にもいなかったのだ。

そもそもだが、僕はその店長と仲が良かったわけでもないし、その行方なんてどうでもいいことだった。

ある日のことである。

とある全国チェーンの牛丼やに久しぶりに入った時のことだ。

なんとあの店長がその牛丼屋の一店員として働いていたのだ。正社員なのかアルバイトなのかわからないが、そこにあの店長はいた。

店長の人生

人の人生であるから他人がとやかく言うことではないのだが、この店長について色々考えてしまった。

実は絵描きになる夢があって、居酒屋の店長をやりながら必死に絵を書いているのではないか・・・。

はたまた、小説家になりたいと思って必死に文章を書き、賞に応募しているのではないか・・・。

それを確かめる術はないけど一人、牛丼を食べながら想像してしまった。

この店長はこの先の人生どうなるのだろうか?

もしかしたら、そんな夢などなく人生の流れにのってここまで生きてきたのかもしれない。

人生いろいろ

人間の人生は色々である。

僕のことをしらないが、毎朝の電車で会うサラリーマン、女子高生は僕のことをみてどう思っているのだろう?

僕のことをしらないが、よく行くコンビニのあの店長は僕のことをみて何と思うのだろうか?

あおり運転とスーパーのレジ待ち

最近よくある『あおり運転』の事件です。

何年か前に東名高速を走っていた家族があおり運転などによる危険運転で命を落とした事件がありました。

この事件以降、ニュースであおり運転が報道されることが多くなった気がします。

あおり運転をなぜするのか?

昔からあおり運転はあっただろうが、人が死ぬ事件まで発展した例は少ないと思う。

まずは人気ホストのローランドさんの動画を見て欲しいと思う。

ローランドさんは危険な運転をしている人は『心の余裕が無いのでは?』と言っている。

自分も確かにそうであると思う。

車の運転もそうだけど、混雑したレジのスーパーでも心の余裕がなく、みんなイライラしている。

昔はスーパーのレジで並んでてもそんなにイライラしている人は少なかった気がする。

効率化する世界とアナログ世界

この車のあおり運転とレジのイライラ問題は共通した根っこがあると思う。

それはスマートフォンを中心とする『効率化された社会』と効率化されていない『アナログ社会』の共存だ。

wi-fiや4Gでいつでもどこでも高速度なネット環境が実現し、知りたいこと、調べたいことは親指ひとつで即座に叶えられる。

誰かと話したい、ホテルを予約したい、気になるプロ野球の結果をチェックしたい・・・こういった全ての情報に即座にアクセスできる環境なのである。

そこで、である。

車はかなり技術革新が進みオートパイロット機能などがあるが、まだ人力運転である。自動運転の社会も時期にくるだろうが、まだまだ先の話しである。

車の運転にはかなり個人差があり、ローカルルールのようなものもあるのでストレスが産まれやすいものである。

特に高速道路などはスピードを出して走るところなので、そこでチンタラ走っていたらイライラする人がいても不思議ではない。

また、スーパーのレジなどもかなりオートメーションは進んでいるものの、バーコードの読み取りなどは人力だし、支払いもリアルマネーを使っている人がまだまだ多いのでチンタラしてしまう場面も多々あるのでストレスポイントはある。

ローランドさんの言う通り、心に余裕が無い人が多くなってきている現代において、効率化されたデジタル社会とアナログ社会の狭間で自己を制することができないひとが多くいても不思議ではない。

現代を生き抜くコツ

それではこのような社会を生き抜くコツはどういうところにあるのだろうか?

それもローランドさんの動画に答えがあるような気がします。

それは『心に余裕を持つこと。』また、『生活に余裕をもてるような所得を得ること』です。

現実的な対応策としては車の運転をなるべくしない、というのもいいのかもしれません。

かといって、車の運転しないでは生きていけない人もいるでしょう。そういう人は車の運転についてもう一度学びましょう。

どうすれば他人の車からイライラされないのか?自分なりに考えてみるのは大切なことだと思います。

また、車にスタンガンを常備しておくのもいいかもしれません。

スタンガンを所持することは法律に触れる可能性もあるかもしれません。現状だとグレーゾーンみたいです。

ただし、自分の身に死の危険が生じそうな場合ならば、所持して相手にスタンガンを使用することは法律違反にはならないような気がします(これは個人の意見です)。

 

ツイッターとブログ

久しぶりの投稿となりました。

何かと勉強やらなんやらで忙しかったのでしばらくしませんでした。

しかし、この1ヶ月程度で色々ありました。

まずはツイッターでのプチ×100バズり。

 

たかだか70回くらいのリツイートでしたがSNSの威力を思い知ることとなりました。1万リツイートとかしたらどうなるのか?なんて思います。

ここでツイッターでバズると起こった現象をつらつらと述べたいと思います。

わらわらとよくわからん人が集まる

ただ単にリツイートしてくれるならいいんですが、当該バズツイートにツッコミを入れられたり、前後のツイートまで細かいツッコミを入れてくる人が現れます。

確かに自分のツイートは言葉の使い方を誤ってしまってたのですが、正直、単なる打ち間違えとかそんなレベルです。

どこからともなく現れて『あなたのツイートの○○は間違っている』的なことを言ってきて、跡形もなく消え去る。

これを契機にフォローしてくれるならそういう一連の対応もありだと思いますが、フォローもせずに去っていく人はどうなんでしょう・・・ちょっと頭がおかしい人なんじゃないかと思いますね。

引用リツイートもせずにスクショで攻めてくる

こういう人もいました。自分のツイートをスクショして色々文句を言ってくる人。

ちなみにその人の文句はあんまり的を射ていなくて困惑しました。たぶん地域枠に所属する人で、それ関係のツイートをしたばっかりにちょっと反応しちゃったのかもしれない。

基本的にはツイッターでツイートにケチつけてくるひとってその事柄に対してコンンプレックス持っているからだと思うんですよね。

まあ、でもこういう輩は一番ムカつきますね実際。

普通にフォロワーが増える

ツイートがバズるとフォロワーが増えます。自分の場合はプチバズで50フォロワーくらい増えました。

バズって増えたフォロワーはおそらくそれなりに自分のツイートに興味があるひとの割合が多いと思いますので、👍が若干増えているような気がします。

ツイッターよりもリアルの方が面白い

一連のツイートのバズによってツイッターの負の面がが垣間見れました。たった70程度のリツイートでこれなんですから。

それとツイッターが気になってしかたなくなって一時的な依存症になってしまったので、ツイッターとの距離をおくことにしました。

ツイッターってやればやるほど時間を取られるようになってるので、そうなるとリアルでの活動時間や勉強時間、人間との対面でのコミュニケーションが減ってしまうのが嫌になりました。

自分はリアルな人間である患者さんと医療をやっていきたいと思います。このままいくと、よくいるという『患者さんを前にしてもパソコンばっか見ている人』になってしまいそうです。

目の前にいても『できればラインでお話しませんか?』なんていう医師も出てくるかもしれませんね・・・。

ということでブログとツイッターアカウントのリンクを外しました。ツイッター経由だと変に文句いってくる人も多いと思いました。

ま、こんな適当な便所の落書き程度のブログにマジメに論理力とか云々求められても困りますし、議論したいならリアルで対面でやりたいな・・・と思います。