インフルエンザ検査って必要?

息子のインフルエンザを疑って病院にかかったら医者が診察して『インフルエンザじゃありませんよ』って言ったらあなたならどうしますか?

医学と医療

自分はまだ臨床の現場に出てませんから、あんまり偉そうなことは言えないのですが、インフルエンザの検査や薬に対してやるやらないで意味があるとかないとかあったとしても、母親が求めるならばとりあえず実施するのが良いのではないかと思います。

子を思う母の気持ちは論理ではなく感情です。いくら医学的に検査やタミフル等を処方するのが無意味でも、害がなければ良いんじゃないかと思います。

これは『子供の疾患を診て、母親の病を診ず』という状況であると思います。

ともすれば医療側は疾患のみにしか興味がありません。『母親の病?なにそれ、母親治療したら子供のインフル治るの?』とか言われちゃいそうです。

しかし、医療といえどサービス業のひとつだと思います。お客さんは子供と母親なので両方を満足させる必要があると思います。それは医学というよりも医療です。ツイッターを見ていると、少なくない数の医師が医学的な価値観で臨床しているなぁ・・・という感覚をもちます(特に勤務医)。

『クソ忙しい救急外来でそんなんやってられないよ!君も現場に出ればそう思うよ。』なんて言われると思います。

患者でごった返す救急外来に自分の息子が痙攣で運びこまれたら優先順位付けられて先に診てもらえるんなないでしょうか。少なくともインフルエンザ疑いの患者さんはすっ飛ばせると思います。それをしないで死亡や重度の後遺症を負ったら病院に責任があるのではないでしょうか。

それと、インフルエンザのウイルスが高濃度でたちこめる待合室で待つ爺さん婆さんがインフルエンザに罹患してもそれは自己責任だと思います。それを見てインフルエンザの検査をするとかしないとかの考えが変わることはないような気がします。

医療経済的側面

無駄な検査は医療経済的に問題である。

こういう意見もあると思います。確かに、国家予算に占める医療費は膨大であり、このままいけば日本の国家予算は医療費でつぶされてしまうと思います。

もちろん個々の医者も無駄な医療費を出さないようにするべきだとは思います。

インフルエンザ検査はどうやら6,000円程度で行えるようです。3割負担ならば2,000円程度です。この金額を高いか安いかは個々人の価値観で変わってくると思います。

しかし、この程度の金額を『無駄』として省いたとして、医療費全体にどれくらいのインパクトがあるのでしょうか?

インフルエンザの年間罹患者数は2,000万人程度とされています。全ての人が受診する訳ではないです。また、絶対検査したい、という人はどれくらいいるのでしょうか?

インフルエンザの検査は人数は多いかもしれませんが、一回あたりの金額はそこまで高くはないと思います。なので、人工透析のような一人当たりの金額が高く、必要な人(35万人弱)が少ない疾患をどうにか切り詰めるような政策の方が良いと思います。インフルエンザ検査の場合、実施の満足度も高いと思われます。

人工透析に限らず、無駄な胃瘻造設など無駄感のある高額な医療はたくさんあると思います。

医学的な正しさだけを追求しない

正直なところ、臨床は医学研究などとは異なり理論やエビデンスが常に正しいという世界ではないと思います。

医学的に正しいことを臨床の現場でも常に行う・・・というのは医者のエゴのような気がしています。

言い方はちょっと乱暴かもしれませんが、インフルエンザ検査が無意味だったとしても、説明した上でそれでも求めるならばさっさと実施してしまえばいいと思います。

検査すること自体には害はないと思います。

自分の医学的知識や価値観を患者に押し付けるのは、このインフルエンザ検査の場合は間違っていると思います。

というか、どの病院も売り上げを確保するのが大事な世の中になっていると思います。だから、ちゃっちゃと検査して処方箋だしてガンガンインフルエンザ患者を捌いて科の売り上げに貢献すればいいのに・・・なんて思います。

金沢医科大学が縁故入試を開始

ついに私立大学医学部が縁故入試を正面切って開始した模様です。個人的には良いと思っています。

今まで無かった縁故入試

逆になぜ今まで正式に縁故入試をしてこなかったのだろう・・・と思います。私立大学医学部は学費が高いので卒業生の開業医くらいしか払えないレベルです。また、地域の開業医を承継していくためにもある程度縁故入試は必要悪だと思います。

東京医大に端を発する医学部入試不正発覚ですが、各大学の調査も終わり事件はもうすでに過去のものとなっているような気がします。そんなところでの縁故入試の開始です。

ま、縁故入試といっても定員7人とらしいので『それぐらいいんじゃない!?』と思ってしまうレベルです。というか、縁故入試を正面切って大々的にやるんだから、もう絶対に一般入試では出身や年齢による差別はしないですよね?って話です。恐らく、もう差別はしないだろうとは思いますが・・・。

問題は入試の形式

縁故入試はいいのですがひとつ問題があります。それは入試の科目です。理系科目は数学ⅠAと理科基礎だけらしいのですが、このレベルの理数系の能力で医師になっていいのでしょうか。

恐らく、医学部自体を卒業することや国家試験の合格はこれくらいの理系能力でも突破するのは可能でしょう。しかし、根本的な勉学に対する姿勢が整っていないので、医師になってからが大変だと思います。じっくりどっしり落ち着いて勉強をしたことがない人が、医師になってから臨床能力をつけるための勉強をちゃんとするとは到底思えません。医師免許はもってるが、かなりのヤブ医になってしまうとオチです。そういうレベルの開業医でもいいのかもしれませんが・・・。

他の私立大学医学部も続のか!?

今回は石川県の金沢医科大学の話です。例えば東京慈恵会医科大学や日本医科大学などの都心部の私立大学医学部が同様に縁故入試枠を作る流れになるのでしょうか?

自分はそうは思いません。やはり、正面切って縁故入試をやる、しかも入試のレベルが相当低いなんて名門私立大学医学部であったらカッコがつかないと思います。地方の底辺私立大学は真似する可能性はあると思います。

それにしてもこの縁故入試が倍率何倍になるかとか受験料がいくらか?とかが今後気になるところですね。

パワハラ医師?木下博勝氏

医師といういうと青白くてヒョロッとして神経質そうなイメージと怒りっぽくて傲慢なイメージがあると思います。ただ、医学生をみているとそういう層はあまり多くないです。医師になったらそうなるのかな・・・。

外科系は怖い

外科系の医師はけっこう怖い人が多いです。外科系の教授は軒並み怖い。ま、怖いにも色々種類があって、ただ権力振り回しているだけの怖いと仕事に厳しいから怖い、のふた通りがありますね。

研修医やコメディカルを叱り飛ばすこともそれはそれで大事だと思います。そこに成長してほしいという想いが感じられればOKなのではないでしょうか?

今の世の中、なにかあればすぐにパワハラ、セクハラ、モラハラなどといってハラスメント化しますが、これは良くない傾向だと思います。

確かに、上司という立場を利用した無意味な恫喝ならばパワハラといってもいいでしょう。『俺のいうことを聞かなかったら左遷させるぞ』こういうのはパワハラでもいいと思います。しかし、なんでもかんでも『パワハラと感じればそれはパワハラ』という風潮は危ないと思います。

人間が成長するには叱られる経験が重要だと思います。本当に優秀なひとならば叱られる必要もないでしょうが、そういう人ならば叱られる場面に遭遇しないでしょう。人は誰しも未熟なので過ちをおかします。その時に適切に叱られる体験をしないとその人の成長曲線は鈍化してしまうと思います。

世の中では『私は褒められれ伸びるタイプ』と豪語するひといますが、褒められるポイントが無い人も多々います。それにアメと鞭ではないですが、褒めと叱りをうまく混ぜながら仕事を進めていくのが良き上司部下の関係ではないかと思います。

イメージ崩壊の木下医師

さて、ジャガー横田さんの配偶者として有名な木下博勝医師ですが、報道によると傲慢パワハラ医師の様子です。見た目の柔らかさからはイメージがつきませんよね。

それと、木下医師は杏林大学医学部を卒業されているようです。しかし、世間的に『エリート医師』とメディアではいっています。

wikiからの情報によると杏林大学を卒業したあとに東大の大学院を出て、東大の外科系の医局に入局したそうです。

医学系の大学院ってどこを出ても実質的に意味ない(医学博士の資格得るだけ)ですし、東大の医局に入るのもそう難しいものでもないと思います。要は学歴ロンダリングですね。

正直なところ、杏林大学を出て傲慢パワハラ医師になるなんて愚かも愚かですね。パワハラ騒動が真実だとしたらですが・・・。

自分はこのような医師にはならずに謙虚に医業を行いたいと思います。

信頼できる人っているんでしょうか?

さて大変なことになっています。神奈川県庁で過去最大級・世界に類をみないレベルの個人情報が流出してしまったようです。

悪いことをするのがニンゲン

なるべく性善説の立場で生きていきたいですが、そうもいってられないのがこの世の中。基本的に他人は信用しちゃダメな方が人生の場面では多いです。

たとえ、一見誠実そうな業者でも今回の大惨事を招いたように信じられなようなことが起こり得ます。

今回の事件は末端の社員が『あれっ、このHDD廃棄しないで売ればいんじゃね?』的なノリでやったことだと思います。当然、役員レベルの人たちは寝耳に水でしょう。だがしかし、キチッと仕事を管理していなかった現場レベルの監督者と役員は全員クビレベルいや立件されてもおかしくないのではないでしょうか。

企業においては性悪説にたち、ニンゲンは必ず悪いことをする、という風に考えて色んな業務を進めていく必要があると思います。

医療現場で考えてみる

医療現場でも似たようなことは起こっているのではないでしょうか?

患者の個人情報が書かれた紙媒体の資料やデータが会議などで使われて、終わった後に『これシュレッダーしといて!』なんて頼まれる。事務方の若手職員が引き受けますが、なぜかカバンにしまって家に帰ってしまい、普通にゴミとして出すがそこから流出・・・。

はたまた、臨床研究のために使う患者個人情報を紙で出力し、家に持ち帰って論文を書いたが、その紙を奥さんに廃棄を頼んだが、奥さんはシュレッダーせずに普通にゴミを出し、流出・・・。

廃棄を依頼した側は相手がちゃんとやってくれるものと思い込んんでいるが、実際、相手はそこまで個人情報に敏感になっていない・・・そんな場面が浮かびます。

医療現場でも他人を信じすぎない

医療現場では他人を信じすぎては自分に訴訟の矢が飛んできそうです。大事なことは頼みっぱなしになるのではなく、こちらからきちんとこなしたがどうかをトレースすることが大事なような気がします。

『自分はきちんと指示したし、電カル上にもきちっと記載がある!』と息巻いたところで、結局尻拭いをしなければならないのは自分です。その相手が部下だろうと、上級医だろうと同じであると思います。

ただ、忙しい時にそこまでキチンとできるのだろうかが不安です・・・。