田舎のじじばばが最強のQOL説

実は田舎のじじばばが最強のQOLを保っているのではないか?と思う次第です。

田舎は何にも無いようで有る

田舎・・・ここでは無医村のような限界集落とかではなくて、鳥取県の鳥取市とか山口県の下関市のようなものを指すことにします。

これらのけっこう過疎化している田舎には何にも無いです。でっかいデパートもないし、下手するとスタバも無いし、流行の最前線の飲食店もない。タピオカ店がやっと駅前にできた!みたいな場所だと思います(あくまでイメージです。実際とは別)。

でもこういうところって、こういう流行に乗ったものはないけど、おいしい特産物だったり、温泉とか大自然が豊富にあります。しかも、温泉なんて車で10分、400円とかでしっかりとしたお湯が楽しめたりします。

なので、何にも無いようでけっこう楽しめるものはあったりします。僕がいま住んでるところも似たようなものです。

住むには苦労しない

こういう田舎に住んでいるじじばばの多くは家ももっているし、年金は少ないのかもしれないけど、細々と生活しています。

田舎特有の相互監視コミュニティはメンドくさいところもありますが、満員電車もないですし(そもそも日々の生活で電車乗らない)、映画を観るときも並ばないし、スタバで空き待ちしたりすることもマレです。

また、物価も安いし、そもそも地のものの良いやつが安い値段で手に入ります。なので、食にも困らない。

ということで、田舎は田舎特有の高いQOLがあるわけです。

田舎と都会の医療

年を取って気になるのは医療です。

正直なところ、都会でも田舎でもそんなに医療の質は変わらないと思います。質は変わらないと思いますが、アクセスは悪いかもしれません。東北であれば冬は雪が降るので病院に行くのは億劫だと思います。都会であれば雪がふるのはマレだし、公共交通機関が発達してますのでどこへ行くにも便利で早いです。

でも、今回でいう田舎っていうのはそれなりの総合病院がそれなりの数ある場所ですので、アクセスを含め都会とそうかわらないと思います。

神の手をもつ外科医とか、珍しい疾患を専門にしている医師とかは都会におおいかもしれません。しかし、神の手を必要とする手術を必要とする人や珍しい疾患をもつ患者さんって田舎には数が絶対的に少ないと思います。

田舎のじじばばは幸せ!?

今回言っている田舎のジジババっていうのは、所ジョージさんの笑ってコラえてのダーツの旅で出てきそうなジジババです。

番組の構図としてはちょっと悪く言えば『都会人が田舎生活しているジジババを見下す』というようなものです。

都会からきた撮影クルーが方言で何言っているかわからないジジババを映して『この時代にまだこんな強い訛りでしゃべってるのか?』みたいなのを楽しむシーンなどもあります。

でも、実際は上で述べた通り、都会よりも田舎のジジババの方がずっと高いQOLで生活しているんじゃないか?と僕は感じます。

医学部の留年と退学の再考

このブログの来訪者の多くは『医学部 留年』とか『医学部 退学』とかのキーワードでヒットしてくるみたいです。

医学部における留年

今日、サウナに入って十分に蒸された後、水風呂に入った瞬間にいままで心の奥底で眠っていた考えが電球がピカンと光るように思いつきました。

医学部における留年についてです。

もうみなさんもご承知の通り、他学部とは違い。医学部においては留年が当たり前です。昨今、特に”低学年クライシス”と行って大学1年や2年での大量留年が各地で生じています。

当の医学生においては『理不尽級の留年』のようになんとか大学側を悪ものにしようと躍起になっています。

でもまあ、大多数の医学生は留年などせずストレートに進級し、卒業していくので関係がない話です。

このような大量留年が増えたのは、昔よりも地域枠や推薦、AOなど一般受験組よりもモチベーションが低い層の医学生が多くなっているのが理由なのかもしれません。

留年は大学側からのメッセージ

ここからが本記事の中心となる部分となります。

留年というのは大学側の『今のままでの状態では国家試験に受かりません。』というメッセージではないか?ということです。

特に低学年での留年に対しては『CBTで篩にかけられるから低学年での留年など無意味』なんて声があります。

それはそれで正しい考えなのかもしれません。

しかし本当にそうでしょうか?

普段から不勉強で定期テスト前も勉強をしないけど、CBTとか医師国家試験とかの最重要試験の前はちゃんと勉強します、そんな人いるんでしょうか?

いるかもしれません。低学年で留年するような人でも時期がきたらみんなキチンと勉強するのかもしれません。

でも、その確たる証拠がありません。やるかもしれないし、やらないかもしれない。

だから、大学側としてはそういう『普段は勉強しないが、国家試験前には勉強する』と思っているような人たちに対して『それは甘いよ』という形で留年という判断をくだすのだと思います。

医学部における退学

続いて医学部における退学です。

医学部においては最長12年間在籍できるのが一般的です。また、同じ学年に3年以上滞在できない・・・というようなルールがある大学もあります。

国立医学部ではあまり退学になる学生はいません。私立では状況が違ってけっこうな数が退学になると聞いています。

医学部における退学というのは大学側が『あなたは国家試験に合格できない。』という烙印を押したと解釈できるかもしれません。もっとも、法に触れたことをして強制的に退学となる人はそうでない。ここでは勉強し試験を受けたけど留年を繰り返した人が対象です。

留年・退学に関する議論

以上が自分が考えた医学部における留年・退学の意味合いです。

ツイッター上でもこの件に関しては定期的に話題にあがるネタなのですが、どれも学生目線の言説が多く、大学側の立場に立った意見は少ないです。

まあ、究極的には『で?だから?』っていうようなものなのですが・・・。

学力差別という新語

完全にネタだと思うんですけど『学力差別』なる言葉を使っている人をみかけました。ちゃんとしないとなんでも差別の社会になってしまうぞ!!

SNSのせいでみんなが発言権を持てるように

特にツイッターで感じるのですが、SNSのせいで本当にどうしようもない人にも発言権を与えてしまいました。

どうでもいいことをつぶやいているなら問題ないと思うんですけど、ワクチンの問題だとか社会問題にもどうしようもない人に発言権を与えると社会的に損・・・というか悪だと思いますね。

どうしようもない人のどうしようもない発言って面白いからバズってしまうと思います。そうすると、確率論で似たようなどうしようもない人が感応してひとつのムーブメントになってしまう。

発言権は万人に与えられるべき、とは思うけど社会悪ともなるような人には制限しないとダメなフェーズになっていると思います。せめて、そういう人は実名での登録でないと発言できない、とか。

でないと標題にもある『学力差別』だとかいう良くわからない新語を作って、それが正しいと思ってしまう人たちが現れてしまいます。

これから出てきそうな差別

こういう人が適当に造語していくと、次は『面接差別』ってのも出てきそうだし、受験で言えば『生物差別』(医学部受験では生物で受ける人は少ない)なんても出てきそうだし、そもそも『理系差別』なんてのも出てきそう。

要は都合が悪いものは全て『差別』にしてしまえば良いわけで、この世の全ての事象は『差別的』と言えてしまうのではないでしょうか。そんな世の中生きづらいですね。

なんかこういう新ジャンルの差別が出てくれば出てくるほど、本来、真剣に取り組まなければならない差別〜男女差別等〜が霞んでしまうような気がします。

アンチ美容外科医ドラゴン細井

実はアンチドラゴン細井だったんですけど、この動画見てちょっと変わりました。

医者にして経営者

ドラゴン細井氏は千葉大学医学部をでたあとに形成外科領域を学んで開業するそうです。

ツイッターでかなり目立っている医者です。形成外科・美容外科医であるとともに医学部受験者向けの塾を経営しており、そのPRをYouTube上でさかんに行なっています。

僕も実際にいくつかの動画をみましたが、現役医学生が出て医学部生活を赤裸々に語っていたり、各ジャンルの医者が出演して医者の生態などを語っています。

胡散臭い!?

自分は当初『胡散臭い人だな』と思っていました。医者としてあまり能力が無くて、自分の得意分野である勉強で稼ごうとしている・・・そんなように見えました。もちろん、そういう生き方もありっちゃ、ありなんですが。

いつまでも中高時代の進学校での思い出や大学受験云々に固執して現実をみていないのかな?なんて思ってました。

しかし、冒頭に紹介したYouTubeをみてイメージが一変しました。

『けっこうしっかりとした人でビジョンもしっかりしている。』という風に変わりました。

今ではドラゴン細井ファンに変わりました。頑張れ細井先生!!

やっぱり、人を表面上だけで判断するのは良くないことですね。

ドラゴン細井に残る謎

ただドラゴン細井氏には謎が残ります(個人的な)。

それは医学部を卒業したあと6年くらいで美容外科を開業できるくらいのテクニックが身につくんでしょうか?

いっぱしの外科医になるためには10年はかかると言われていますので美容外科はそんなに難しくない手術が多いのでしょうか。

ドラゴン細井氏はもう既に年収が5,000万円は超えているそうですが、医者としての収入と塾経営者としての収入がいくらかなのが気になります。

好きなことだけして生きていく

よく『一度の人生だし、好きなことしかやりたくない』みたいな感じで周囲に迷惑かけている人っていませんか?医学部にはけっこういるような気がします。

ホリエモンの影響!?

メディアでホリエモンが『時間を自分だけに使え、他人に使うな』的な話をよくしています。僕はホリエモン好きですし、まったくその通りだと思います。

でもホリエモンとかの言うことをそっくりそのまま馬鹿正直に受け取って傍若無人に自由人を気取って他人に迷惑かけるひとたちが医学部には一定数います。

恐らくホリエモン自身も東大時代〜企業したての頃から時間を自分だけに使えた訳じゃないと思います。ライブドアの社長になった時くらいからやっと『時間を自分だけに使う』ことができたのだと思います。

色々と苦労を重ねて(本人は苦労と思ってないと思いますが・・・)だんだんと自分の時間を自分だけに使える人間になったんだと思いますね。あくまで推測ですが・・・。

そこで今の若者でホリエモンに過剰に影響されて『自分の時間を自分ためだけに使う』ことと『自分勝手』を履き違えているひとがかなりの数います。そういう人は時間を守らなかったり、約束をドタキャンしたり、大事な講義に欠席などします。

噛み砕き方

ホリエモンの生き方だったり、有名経営者の名言だったりってすごい心に響きます。同じようなことをやっていれば彼らのようになれるのではないか?と勘違いしています。

でも、注意しなければならないのは彼らの言うことをそのまま実践しても成功する可能性は高くないということです。もちろん、そのエッセンスを自分なりに受け止めて、刺激を受けることは非常に良いことだと思います。自分も自分なりに噛み砕いて受け止めています。

だって、孫正義の生き方を学べば孫さんのようになれますか?

まずなれないです。

『最初から諦めるな!』という声もあるかもしれませんが、孫さんの生き方を真似して孫さんみたいになれるのは年末ジャンボ宝くじに当たるよりも確率は低そうです。

あくまで孫さんの生き方から何かを学んで、自分の現状の能力や置かれた状況に落とし込むことが重要だと思います。

模範的生き方

自分を含めほとんどの一般的人間はやはり一歩ずつ前に進んでいくのが良いと思います。今回の記事とは内容が異なるかもしれませんが、下にあるYouTube動画、スガシカオの”Progress”です。曲に入る前のトークが好きなので視聴してみてください。

医者はどのようなキャリアをたどるか?

今回は面白い動画があったので紹介しよう。おおむね実際の医者がどのような生活をしているかわかると思う・・・。

手術の後、肉が食えない?

これは人によると思うが『初手術の後に肉が食えない』というのはかなり稀なケースではないだろうか?

解剖実習でもぶっ倒れる人も稀であるし、実習が終わった後は腹が減るのでむしろ焼肉とか食べたいくらいである。

手術経験後、ちょっと嫌になるものは黄色くてグチャっとした食べ物・・・例えば炒り卵とかスクランブルエッグ、これらのものが苦手になるのはわかる気がする(自分は問題ないですが)。人間の脂肪はスクランブルエッグみたいに黄色くてグチャっとしています。しかも、人間の表皮の下はけっこうな脂肪があります。

医者の年収

動画では30代で平均1,275万円、50代になると平均1,700万円になるという。これはちょっと高めに算出されているような気がする。一部の私立の病院とかならそうかもしれないが、市中の公的病院だともう少し低いような・・・。

特に大学病院の医師はかなり低いと思う。大学病院に勤務する医者の多くは医師というよりも大学院の教官として給料をもらっているようです。教官としての給料はだいたい年収600万円くらいです。それに週一回のアルバイト外勤10万円とすると年間500万円程度。となると良くて1,100万円程度です。

同窓会でモテる!?

医者になって同窓会に行くとモテるらしいです。都会の人なら中高一貫とかで男子校、女子校だったりするし、そもそも同窓生って医者とか弁護士とか一流企業とかに就職している人が多いんじゃないですかね。モテないこともないですけど、別に特別視されるもんでもないと思います。あくまで医学生レベルでは。

でも、地方の公立トップ高校とかではモテモテの状況になるかもしれません。地方のトップの公立校といえどピンからキリだと思います。医師になったとしたらかなり上位層であり、医者や弁護士などの人気職種につける人は数が少ないと思います。

初期研修後即開業の道

某大手美容クリニックの院長って初期研修2年後即開業したんですね、知りませんでした。初期研修後に即開業って意外に無謀じゃないとは思うんですが、美容外科で開業ってそれはさすがに無謀だと思います。恐らく、院長は医師免許を持っているだけで、経営に専念している気がします。そりゃ最初の方は自分で施術していたと思いますが、メスは使わないものをしていたんではないでしょうか。ボトックス注射とかそういう系。それなら初期研修後の医師でもまあ安心してできる気がします。

医学部受験生は生物必修か?

医師になろうとしている人が「生物に興味ない」ってどうなんでしょう。というか医学生ならちょっとは生物にも医学にも興味があると思いますが・・・。

医学部受験には理科二科目必要

一般的に医学部受験には理科が2科目必要です。昔、九州大学医学部とかは理科3科目必要だった気がしますが、今はもう2科目になっていたと思います。詳しくは九大医学部のHPをご確認下さい。

さて、大抵の医学部はセンター試験で2科目の理科を受けて、二次試験で2科目の理科の試験を受けます。二次試験で理科がない医学部とかもありますが、まだ一部にすぎません。

理科は生物、物理、化学の三つから選ぶことが多いと思います。

自分は生物と物理を選んでいました。

入学後、役に立ったのは生物ですね。物理もそれなりに役に立ちますが限定的です。放射線診断や治療の基本となる原理は物理学ですので、そこらへんで役に立ちます。あとは歩き方に障害がある場合、杖や松葉杖などを使うと思います。ここらも基本的な力学の知識が役に立ちます。でも、物理学未修でもなんとか理解ができると思います。

個人的には化学がほぼ未修レベルであるのが自分の弱点です。

生化学や薬理学はかなりの苦手分野です。化学の構造式なんて出るとそれだけで絶望的な気持ちになります。それでも、定期試験を突破するのはそれほど難しくありません。

医学生に生物は必修か?

医学生に生物が必修か?と問われれば『否』でしょう。

しかし、生物に全く興味が無い、というのは頂けないような気がします。医学部を出て臨床するも、研究するも結局は生物に関連するからです。医学部を出て医学とまったく関係無い世界で生きていく(小説家とか)なら良いんですが・・・。

生物も医学も興味ない人が実臨床に出て診療するのってちょっと怖いです。とりあえず国家試験を突破するだけの知識だけ付けて適当に臨床経験を積む・・・。

よくわからないですね・・・。医学部にいて、国家試験を受けようとしている時点で生物にも医学にも興味が無い訳ないと思いますね。

なんか、かっこうつけて『僕は医学にも生物にも興味ない』と言っているような気がします。