後期研修を見据えた病院見学

もう既に病院見学を10以上してきました。すればするほど新たに見えてくる世界があるのでけっこう面白いです。

初期研修先としての病院探し

医学生における病院見学とはつまり初期研修先の病院を見定める行為であると言えるだろう。これが初期研修医になると後期研修の病院探しとなる。

初期研修医はおしなべて忙しいものである。であるからして初期研修医をしている時にに後期研修医先の病院見学に行っている時間はあまりないと言えるだろう。

だから、医学生時代に後期研修医を見越した病院見学を行なっていくことは非常に重要である。

でないと『後期研修よくわからんから、大学の医局に入るかなぁ・・・』なんて思考停止に陥りかねない。

後期研修とは

後期研修とはつまり専門医を取る過程であると言えるだろう。

後期研修を行うには各都道府県に割り当てられた診療科ごとのプログラムに登録しなければならない。

ここで難しいのは全ての病院の診療科がプログラムを持っているわけではないということなのだ。

プログラムをもつためには指導医の人数や施設の基準などがあり、これを満たさないとプログラムが認可されない。

通常、基幹病院と連携病院というグループに分かれており、基幹病院がプログラム責任施設となり連携病院を束ねていくことになる。

この基幹病院とか連携病院というのは病院単位ではなく診療科単位で認められる。つまり、◯◯病院は内科、外科、産婦人科、小児科の基幹病院ではあるが、整形外科、麻酔科、泌尿器科は連携病院である・・・ということが生じる。

ということは、初期研修先が自分の行きたい科の基幹病院であると、後期研修医として採用の確率はほぼ100%だし、なにしろ引っ越し等が必要ないので公私共々シームレスな移行ができる。

基幹病院と大学医局

都心部の有力大学(東大、京大、阪大、九大、東北大、慶応)などは有力病院を関連病院として影響力をもっている。だから、特に東京などで後期研修をするならば大学医局に入局した方が何かと便利そうではある。もちろん、大学医局に入らずともプログラムには申し込めるであろうが、医局員の方が有利だろう。

特に、都心部のマイナー系(皮膚科、耳鼻咽喉科、眼科)などはシーリング(都道府県に割り振られたプログラムの定員)があり、プログラムに採用されるのはかなり激戦である。そもそも、マイナー系プログラムは大学病院か大学病院に準ずるような規模の市中病院にしかないのだ。この市中病院もほとんどが医局絡みであると考えられるので首都圏でマイナー科の後期研修医になるなら入局は必須と考えられる。そうでない穴場があったら教えてもらいたい。

これが地方となるとぽつりぽつりと大学とは関係のないマイナー科プログラムがある。もっと田舎になるとほとんどすべての診療科で入局が必須となる状況である。

入局を考えない医学生

医局入局を考えていない学生は医学生時代にしっかり後期研修を見据えて病院見学をする必要がある。もっといえば、医学生時代に後期研修のための病院見学をするべきである。

 

福岡堅樹選手の志望校を推定してみた

以前に当ブログで福岡堅樹選手のことを書いたのですが、このニュースによりそのページへのアクセスが殺到していました。

推薦?編入?一般入試?

推薦入試のある医学部があると聞いたことはありません。もしかしたら私立にはあるのかもしれませんがどうなのでしょうか?

学士編入は国立私立を問わず多くの大学で設置されています。一般に、学士編入は英語や面接のウエイトが高い大学が多く、福岡選手のような偉大なプレーヤーならば楽々合格圏内であることは誰もが納得です。

例えば、東海大学の医学部編入はNHKの島津アナウンサーが合格していることで有名ですが、受験科目は一次が書類審査、英語、適性試験、二次が面接のみです。書類審査はいわずもがな適性試験も福岡選手なら何をやっても合格できるでしょう。英語もそれなりにできるでしょうから、医学部への最短ルートは東海大学医学部かもしれません。

しかし、福岡選手はどうやら編入はせずに一般受験で合格をもぎ取るつもりのようです。

それが本当だったら、正直、福岡選手かっこよすぎる・・・。

一般受験ならば恐らく私立ではなくて国立でしょう。私立であれば裏口入学だの、ネームバリューで受かっただのを言われかねません。そういうのを一蹴するためなのかもしれません。

面接点の高い国立医学部

福岡選手が国立狙いだとすると面接点の高い医学部が選ばれそうです。いまや国立大学のほぼすべてが面接を導入しており、総合判断(⭕️か❌だけ)でなく面接点を導入している大学も多くあります。

その面接点も全体の数%程度のところから30%くらいを占める大学もあります。短期のでの合格を狙うならば面接点の高い医学部を狙うべきでしょう。しかし、一般的には面接点の高い医学部ほど地方の田舎にある傾向が強いのがネックかもしれません。旧帝大の医学部は面接点はあっても得点に占める割合は低いので、面接点での逆転はなかなか難しいです。

福岡選手の志望校はどこか?

福岡選手の地元は福岡ですので九州の国立医学部を狙うのが可能性が高い気がします。

学力が十分であれば九州大学医学部でしょう。ただ、九州大学医学部は相当レベルが高いので合格には3年くらいかかるかもしれません。

その他の九州の国立医学部である長崎大学、熊本大学、これらは旧六医学部といって一応歴史的な権威のある大学です。これらが二番手の志望校だと思います。ここであれば1年での合格も十分見込めます。

あとは佐賀大学、大分大学、鹿児島大学、宮崎大学、琉球大学が続くと思います。これらの大学は入学難易度としては長崎大学や熊本大学と同じレベルだと思いますので、各科目の仕上がり具合や得手不得手と入試傾向をにらめっこして決めるかもしれません。

体液電解質異常と輸液

コロナにより病院実習がビデオ講義になり、時間が相当余っているので、普段なら読まないであろう教科書的なものをたくさん読んでいます。

体液電解質異常に詳しくなる

某有名医師ブログで研修医向けに紹介されていた「より理解を深める!体液電解質異常と輸液 改訂2版」神戸大学腎臓内科・深川雅史監修・東京大学腎臓内分泌内科・柴垣有吾著・中外医学社・2006年を読んでいます。

チャネル的なイオンの動態は嫌いなのですが、腎臓における電解質動態には興味があったので非常に面白く読んでいます。

著書の半分はナトリウムとカリウムの動態とそれによる疾患が解説されています。人体における最重要イオンはナトリウムとカリウムみたいです。

この二つのイオンの動態が人体での水分移動だったり尿排泄に大きく関わるのですが、シンプルだけど非常に奥が深いです。

例えば「脱水」という症状でも単に血管内の水分が単純に減っているのか、細胞内の水分が抜けてしまっているのか?で大きく分かれています。

また、膠質浸透圧と張度という別の概念があるのですが、正直これを本当の意味で理解しているかは疑わしいです。

血管内と血管外

膠質浸透圧というのは血管内での浸透圧であり、張度というのは血管内と間質を合わせた浸透圧ということなのだと思います。体内の浸透圧を考える上で大事なのは細胞内、間質、血管内の3つのコンパートメントに分けることだと思います。

このうち細胞内vs間質+血管内での浸透圧を考えるのに使うのが張度で、細胞内+間質vs血管内で使うのが膠質浸透圧・・・なのでしょうか?

ここら辺がわかっているようで、わかっていません。

足の浮腫と脳の浮腫

足がむくんでる・・・なんていうと「足の浮腫だね!」なんて思います。実生活でもままあることだと思います。一方、脳浮腫というのはあまり実生活では聞きなれない言葉です。

実は浮腫にも2種類あるようです。

間質の浮腫と細胞内の浮腫です。足のむくみは間質の浮腫、脳浮腫は細胞内の浮腫です。

間質というのは簡単にいうと筋肉とか脂肪とかです。なので、水がたまってしまっても、そんなに問題ないかな?なんて思います。一方、細胞内に水が溜まってしまうと「細胞破裂?」が起こりそうでマズイ状態か?なんて思います。

いずれにしても、浮腫にも2種類ある、という知識を得られたことは大きいです。さらに本を読み進めて電解質に強くなりたいものです。

ドラマ”仁 JIN”から現代医療を考える

いまさら感もありますがアマゾンプライムでJIN-仁-を視聴しました。正直面白かったです。こんなに面白いとは思っていなかったです。

以下ネタバレ注意です。

脳外科医の南方仁

現代に生きる脳外科医の南方仁(医師14年目)は公園で頭部に重傷を負った急患を対応する。診察を進めていくと脳内に腫瘍があることに気づき、緊急開頭オペが始まります。

手術は成功に終わるのですが、腫瘍そのものが非常に奇妙でした。

なんと、胎児様の腫瘍だったのです。

術後、その胎児様腫瘍の入ったビンを眺めていると研修医から「開頭手術した患者が逃げ出しました!」との報告を受けます。

患者を探し回る南方仁は非常階段でその患者を見つけます。患者は救急対応バッグとなんと胎児様腫瘍が入ったビンを持っていたのです。

患者ともみ合いになり、ビンが投げ出されます。ビンをキャッチしようとした南方仁は階段を転げ落ちます。

そして、気づくと森にいて、なにやら人の声が聞こえます。

その声に向かっていくと、なんと着物を着たちょんまげ姿の侍が複数人いました。

時代劇の撮影か何かと勘違いした南方仁は侍に駆け寄りますが・・・

と、いう感じで南方仁がタイムスリップします。

第一話の感動名セリフ

第一話で恭太郎という侍の頭部外傷を手術するのですが、この場面が現代に生きる医者、特に外科医にはグッとくるものがあるのではないでしょうか?自分はまだ医者でもなにでもないですが、妙に心に深く刺さりました。

江戸時代の手術道具もなにもない中で南方仁はこう自省するのです。

「満足な道具も薬も無い中で手術をしている。とても簡単な手術がいまなら青息吐息だ。これまで手術を成功してきたのは俺の腕じゃなかったんだ。いままで誰かが作ってきてくれた薬や施設、知識だったんだ。そんなものを無くした俺は痛みの少ない縫い方ひとつ知らないヤブだ。14年も医者をやって俺はそんなこともしらなかった。自分がこんなにちっぽけだったことを俺は知らなかった。謙虚なつもりだったけど、俺みたいなヤブができる手術だけ選ぶなんて、考えてみれば随分ふざけた話だ。」

医者に限らず現代に生きるすべての人が立ち返って深く考えるべきテーマなのではないでしょうか?

スマートフォンやパソコンがあればなんでもできてしまう時代です。ハイテク機器があれば、知識なんかも覚える必要すらなく親指ひとつで得られることできる時代です。

でもそれはわたしたち自体が進化したのではなく、あくまで機械がやってくれているのです。

最新テクノロジー依存

自分は何でもかんでも最新テクノロジーを活用して、物事を効率化するのは好きでありません。

Apple Pencilは便利ではありますが、やはりペンで紙に書くという行為や感覚が好きです。たとえそれが非効率的だとしても。

全くテクノロジーを受け入れない生活はこの時代で生きるには不可能です。なので、少しずつ、ゆっくりと受け入れていくのが良いと思っています。