医者の夜勤ってどんな感じ?

医者といえば当直と言う名の夜勤、土日出勤と言う名の日直というものがあります。※ツイッターの埋め込みと本文はあまり関係がありません。

当記事は自分が見聞きしてきた中でのお話なので、実際とは異なることもあるかと思います。あくまで参考程度の話としてお読み下さい。

医者の夜勤は何をするのか?

知り合いに医療関係者がいないと医者が夜勤で何をしているのかイメージがつかないと思います。いや、いたとしても夜勤のことを細かく聞いてみないとわからないので結局、医者とか看護師とかじゃないと夜勤の実態はわからないと思います。

医学生である自分も、ある程度の夜勤体制は知っていますが、広く深く知っているわけではありません。病院見学等で色々見聞きしているので、ある程度はわかります。指導医とか研修医に細かく聞いてもあんまり正確に詳しく答えてくれないんですよね・・・どうしてでしょうか?

何時から何時まで行うのか?

だいたい17時〜9時くらいを夜勤帯(当直帯)としているところが多いと思います。普通、8時から日勤帯で仕事してからとなります。んで、夜勤明けは午前中で帰れるか、そのまま日勤帯をやっていくかになります。かつてはそのまま日勤帯まで勤務が当たり前のようでしたが、今では午前中で帰れる(午前も勤務しないところも)病院も多くなってきているようです。当直があると、25時間〜36時間くらいの勤務となる訳ですね。

しかし、当直帯に寝れなければ連続36時間勤務は辛いですけど、ある程度寝れるとなれば少し話は違ってきます。

だいたい当直帯は複数名で当番してますので、3時間くらいで区切って担当を分けていることが多いです。当番の医者だけで捌き切れなくなったら、寝ている医者を起こして助けてもらうわけです。

もちろん、忙しくない病院であれば当直帯は医者一人ということも考えられます。一回の当直で救急車が一台くるかこないかのところは一人か二人で回しているでしょう。

夜勤で何するの?

夜勤帯って医者は何しているのでしょうか?

大きくは2つに分かれます。ひとつは救急患者の対応です。救急車に乗ってくる患者と、自分の足で歩いて病院にくる患者の対応です。自分の足で歩いてくることを『walk in』といいます。自分はこのウォークインという概念が入学するまで知らなったのですが、一般的なのでしょうか?救急患者というよりかは、次の日の病院があくまでまてない程度の患者と言う感じです。ガラスで指を切ったとか、突然のお腹が耐えられないくらい痛くなった(でも歩ける)とかです。

もうひとつは入院患者の急変に対応する夜勤です。循環器内科とか外科系の入院患者は急変するとすぐに死亡してしまうので、病院で待機しているわけです。眼科とか患者が急変しないような科は待機といって何かあったら電話で呼ばれます。

これは病院毎に異なるのですが、救急患者を対応する夜勤の医者が入院患者の対応もすることもあります。細かいルールや体制は病院毎によってかなり異なるので、夜勤の辛さといっても病院毎にかなり異なります。

救急患者がバンバンくるけど人数が多いので比較的寝れるいうところもあれば、救急患者はそこまで多くないけど医者の人数が少ないから全然寝れない・・・なんてこともあります。普段は5時間くらいは寝れるけど、忙しい日は寝れないなんてのもありますね。自分が見てきた病院では『夜勤帯は全く寝れない』というところはありませんでした。一般的には『夜勤帯は数時間くらいは寝れる』と考えてもいいかもしれません。

急患対応

夜勤帯といえば救急車に乗ってきた患者に対する対応のイメージが強いと思います。

救急車に乗っている救急救命士は患者を載せると病院に搬送許可の電話をかけます。病院側は患者の状態を聞いて、受け入れ可能かどうかを判断します。救急科のベッドが埋まっていれば断りますし、患者が子供で小児科の医者がいなくて対応できないときは断ります。精神疾患の患者を受け入れられる病院は少ないと聞きます。

受け入れが決まって病院に着くと、患者はベッドに移されてパルスオキシメーターを装着したり、心電図を装着したりします。そして、会話可能であれば問診します。

診察・処置が終わって容体が安定すると帰宅になります。場合によっては経過観察が必要だと、そのまま救急科のベッドで翌日まで入院もありえます。また、継続的な治療が必要だと判断されれば個別の科に入院となります。

交通事故による搬送

夜勤帯といえば夜間の交通事故患者の搬送というのもイメージにあります。

実は死ぬか生きるかの瀬戸際のような交通事故患者をちゃんと診れる病院というのは数少ないようです。外傷で有名なドクターに聞いたことがあるのですが、各都道府県に2つあれば良い方らしいです(都会は除く)。地方部であれば大学病院ともうひとつくらいというところでしょうか。

なので、ハードな交通事故で無事生還できるというのはかなりラッキーと言えるでしょう。

厳戒態勢化の学生の権利

さて、全国の医学部において、前期の授業や実習開始が5月ゴールデンウィークあけとかになっています。

大学が保護すべき学生の権利

こういった社会環境のもと、大学側が保護すべき学生の権利とはなんなのでしょうか?

大学は義務教育でもないですし、20歳を超えた成人も多く所属しています。なので、大学はこういった状況下でも映像講義をするなどとして講義をきちんとすることが求められており、学生の私生活までは干渉するべきではないとは思います。

一部の大学では過剰なまでの学生の私生活干渉・・・県外移動したら退学とか、毎日登校させて自宅待機しているかチェック・・・etc、が行われているようです。

確かに行き過ぎな大学の対応は良くないと思いますが、世間には大学側の学生管理の責任を問われるような風潮があります。

京都産業大の件においても、大学側には責任はないはずです。あくまで学生個人の責に帰すべき案件です。しかし、世間はそうみてくれません。

だから、本当は大学側に行う必要もない学生への私生活干渉が行われるようになっていると思います。

医学部学生は特に干渉される

医学部学生は他学部の学生よりも厳重に管理されていると思います。厳重にといってもそれほどでもないとは思いますが・・・。

医学部の場合、病院実習があるため学生が新型コロナに感染してしまうと大学病院での院内感染を引き起こしてしまいます。また、昨今では、大学病院以外の市中病院でも実習を行なっていますので感染が拡散された場合、域内の医療崩壊は一瞬かもしれません。

だから、医学部学生の私生活干渉はある程度許容していかなければなりません。

私生活干渉といっても、移動するな、外食禁止、友人と3人以上で会わない・・・とかそういうレベルです。大学によっては毎日連絡を取らなければならないところもあるようです。

非常時に人権擁護を求める学生

どこの大学(医学部)にでもいるのでしょうが、こういった時に『学生の権利』を声高に主張する層が一定数います。

非常時だから権利など放棄して大学側に協力するべき・・・とは思いません。権利を主張するな、と言いたい訳でもないです。

冒頭に貼ったツイッターの岩手医科大学の件、こういった内容であれば重大な権利の侵害だと思うので権利主張をしてもいいと思います。でも、岩手って感染者0人だし、どうなんだろう・・・とは思いますが、よくわからないのでどっちが正しいのかはわかりません。

自大学の場合は一部の人権擁護団体みないな人たちが『私たちは学生の権利を大学側に侵害されないように活動します』的なことをしています。『学生は自立した存在であることを尊重せよ』的なことも言っています。

平時ならいいのですが、京都産業大、慶應大学付属病院の研修医、京都大学医学部付属病院の件もあり、なにかと学生や研修医(学生に毛が生えたようなレベルの存在)が問題行動を起こしている昨今の状況を踏まえて欲しいところです。

学生は自立した存在であることを大学側と学生側がお互い確認してしまうと、学生側が何かあった場合、大学側から守ってもらえなくなります(守らなくなる)。

そりゃ当たり前です。学生は自立した存在、悪いことはしないし、いま世間から求められている行動をきちんとできる存在だよ、ってお互いで確認している訳ですから。

なんか問題があっても『学生からの強い申し出があり、学生を自立した存在として扱うことになり十分な感染管理は行えませんでした。』となるだけです。

そういう人たちの思考回路って『自分は大丈夫、いつも正しい行動できる大人だから(キリッ』みたいな感じだと思うんですよね。

確かに、あなたはできるんだけど、学生全体からみたらどうなの?全員できなきゃいけない、そういうことが世間からは(特に医学部は)求められてるってのが想像できないみたいです。あくまで個人主義。

学生は自立した存在か?

自分の大学ではカンニング、警察沙汰、マナー違反(違法駐車が多い)、喫煙マナーなど、とてもとても学生全員が自立した存在とは言えないです。

他の医学部をみても性犯罪を筆頭に少なくない人が犯罪をおかしています。そういえば2年前くらいには昭和大学医学部の学生が殺人を犯しています。

学生の多く(80%くらい)は自立した存在だと思いますが、20%程度は自立した存在とは言えないと思います。

こういうことを理解しないまま、こういった非常事態において、大学側に過剰なまでの学生の権利主張をしてしまう人はいかがなものか・・・なるべく関わりたくないと思います。n数は少ないですが、権利を主張する人に限って本人は意外と怠惰(留年してる、再試の常連、ツイッターはいつも「勉強ダルい」)だったりするような気もします。行動するよりも前に頭で考える頭デッカチタイプ。

家にいることでしか新型コロナは防げない

新型コロナは気が緩んだ時にすぐ隣にいます。

医療機関は非常に危険

全国の病院や診療所で医師や看護師の新型コロナウイルス感染が報告されています。

医師というか研修医が感染しているケースも全国で散見されています。

なので、医療機関はどこも新型コロナウイルスの感染の可能性が高いエリアとなっています。

自分だけは大丈夫、ここの病院は感染者でてないから大丈夫、なんて考えて気を緩ませているといつの日か、一瞬で感染します。

田舎だから大丈夫っていうのもそろそろ限界です。現に青森では都内在住の感染医師がバイトで訪れた八戸市で診療を行なっています。また、同じ八戸市では新入職員の研修医が感染判明しています。

臨床実習の学生も注意

全国の医学部では臨床実習が中止、中断になっているところも多いですが、実施しているところもあると聞きます。

今回の青森県八戸市にある病院の研修医が新型コロナ陽性であったことは臨床実習している医学生は重く捉える必要があると思います。

臨床実習は主に大学病院や市中の中核病院で行なっています。こういった病院には研修医がいます。臨床実習の学生と研修医は大学での先輩後輩の関係にあるものも多いです。また、だいたいにおいて実習は研修医とセットで行なっている場合が多いです。

実習の学生と研修医がセットで指導医から指導を受ける、というパターンが多いです(大学病院はこの限りではない)。

研修医は3月に海外旅行に行っている可能性が高いです。モラルの高い人間であればこの時期に海外旅行には行かないし、行っていたとしてもルール通りに一定期間の自宅待機や卒業式不参加をしていると思います。しかし、モラルがない人間であればルールなど守りません。

ですから、現在臨床実習をしている学生は、患者さんよりも一年目の研修医の方が感染リスクが高いことを念頭において実習を進める必要があると感じます。

全国の企業で感染が広まるリスク

上記で見てきた通り、4月は全国で新入社員や職員が職場に一斉になだれ込みます。この中には地方から都心部、都心部から地方、といったような大きな人の流れが生まれます。

東京や大阪のようなハイボリューム感染エリアの無症状感染者が地元の田舎に戻って就職する・・・なんてことから、これまで感染者がいなかった岩手、島根、鳥取で感染者が現れるかもしれません。

逆に比較的感染安全圏であった田舎の若者が東京などに就職することで新たに感染者が増えるかもしれません。

新入社員に限らず、4月は人事異動の時期であり、大企業などを中心に人の移動が活発になる時期であります。

報道をみていますと、日本はまだ感染のオーバーシュートを起こしておらず、ギリギリのところで踏みとどまっているような状態のようです。しかし、この4月の移動シーズンで日本全国の感染者がガラガラポンして月末には非常事態になっているかもしれません。

次の感染者数のポイントはこの移動が落ち着くゴールデンウィークで感染者がどうなっているか?かもしれません。