メージャー科かマイナー科か?

病院には色々な診療科があります。

循環器内科、消化器内科、麻酔科、耳鼻科、皮膚科・・・たくさんあります。

医療業界人以外は使わないので浸透していませんが、診療科には『メジャー科』と『マイナー科』というものがあります。

あるのですが実はどの診療科がメジャーでマイナーがどこ、というのははっきりしてません。

循環器内科・外科、消化器内科・外科

この科は間違いなくメジャー科です。

これに呼吸器内科・外科を入れるか入れないか?という議論があります。人によっては入れるし、人によっては入れない。

よく言われるのが『外科と内科で分かれているのがメジャー科だ』なんて意見もあります。

メジャー科というとなんだか強そうで権力がありそうです。実際、患者さんも多いでしょうし、現代の三大疾病であるガン・心筋梗塞・脳卒中を考えればメジャー科が重要な位置をしめるのもうなずけます。

ただ、多くの病院でメジャー科が幅を利かせているとは思いますが、個々の病院をみるとそうでもありません。

結局はどの科に実力のある医師がいて、どのくらいの患者数をもっているかで力関係は決まります。

メジャーだと重要そうなイメージがするし、マイナーというとなんか大したことないような気がしてしまうので、このような言葉で診療科をカテゴリーするのはあまりよくない気がします。

医学界隈にはなんかこういう世界(日本国内だけでも)で統一されていない言葉や概念が多く、かなり混乱することが多いです。

耳鼻咽喉科というもの

耳鼻咽喉科というものがある。

よく耳鼻科なんて言われています。この耳鼻咽喉科というのは意外に守備範囲が広いです。

鎖骨から上の頭頸部や耳、鼻、口なんかがテリトリーです。

まあまあ珍しいですが頭頸部ガンなんてのもあって、耳鼻咽頭科医でもバリバリ外科的手術を行う医者もいます。

ただ、街のクリニックなんてでは外科的手術するところは少ないので、一般的な認識だと耳と鼻の医者というイメージですかね。

最近だとアレルギー性鼻炎だとか花粉症などでお世話になっている人も多いのかと思います。

僕は残念ながらあまり興味がありません。

マイナス思考医学生

医学生はマイナス思考の人間が多く、超プラス思考の僕はいつも辟易してしまいます。

救急医は奥が深い

救急科って意外に奥が深いです。

もともと救急科が出来たのは歴史的にまだ浅いので、各病院の救急受入体制は混沌としています。

救急科が存在するところは救急医が対応していますが、救急科の無い病院もあります。そういう病院は各診療科が持ち回りで救急外来を担当している場合が多いです。

救急医の主たる担当は外傷、熱傷、中毒領域です。しかし、交通事故などでの多発外傷だと相当に熟練した救急医でないと処置できません。

救急医が処置できない場合は専門科にコンサルトします。外傷なら整形外科、腹部内臓破裂とかだと消化器外科です🧯

ただ、病院内で救急科と各科の仲が悪いと上手く連携がとれず、救える命も落とすことも多いようです。例えば、脳🧠の障害、内臓破裂、重症開放骨折とかが交じった交通外傷患者が来た時、責任を取りたくないもんだから、各科が『こういう場合は◯◯科が先に治療すべき』みたいなのを押し付けあって、そんなこんなで時間ばかりが過ぎ、手遅れになる…なんてのはよくあることのようです。

そもそも、交通外傷などの高エネルギー外傷の患者は症例が少なく、また、全体として減少傾向にあるので、外傷を診れる医者が少ないのも問題の一端のようです。

世の中の病院はは1次救急(軽症)、2次救急(入院必要かも)、3次救急(命に関わるかも)指定に分かれています。多発外傷などを扱う3次救急病院はかなり数が少ないですね。

医者はつらいよ

世間的には勝ち組とかエリートと言われる医者ですが、よくよく考えてみるとけっこう悲しい職業です。

確かにエリート感はありますが、官僚とかには負けますし、弁護士みたいなエリート職業ライバルもいます。

収入面をみますと給料の良い大手企業には勤務医だと同等もしくは少し低い感じです。激励な医学部入試を突破し、6年の勉強懲役を強いられてるのに遊び呆けた私立文系が活躍する大手企業に負けてしまうのは悲しいです。

まあ、開業してうまくやればサラリーマンでは一生かかっても稼げない額を貰える道もありますが…

医者の世界は自分でキャリアを切り開いていかなくてはならないので大変です。もちろん、医局に入って医局人事に乗る人生もキャリアという面では楽ですが、教授とソリが合わなければ冷や飯を食わされます。

指導熱心で素晴らしい先生も多いですが、基本的にはコミュニケーション能力が低い人間の集まりなので気をつけて指導医を選ばないと良い手技は身につきませんし、医師としてあるべき正しい考え方も身につきません。

中にはプレーヤーとしては立派ですが、教える才能はからっきし…なんて人も多いです。特に外科系はこのタイプが多いような気がします。まあ、外科系はCPU内蔵の大工みたいな職人みたいなものなんでしょうがないでしょう。手技は盗むしかないのかもしれません😭

医師の働き方改革が叫ばれていますが、医師には応召義務があるのでなかなか改革も難しいんじゃないかな。それに、働かないと手技や診察能力が上がらないのでどうしてもサービス残業しちゃいます。しないと成長できません。休んで勉強すれば成長できるのでは?と普通は思うかもしれませんが、特に外科領域で顕著ですが、経験した症例=実力とも言って過言ではないので、自宅で勉強してても成長は遅いです。自宅の勉強で成長できるのは研究医です。

入試に始まり、6年間の定期テスト三昧、卒業試験に国家試験、専門医試験、などなど学生時代も研修医時代も勤務医時代も勉強も日々です。その割に給料は意外に高くないし、世間的にも医者は嫌われがちです。医者って悲しい職業じゃないですかね🧐

ま、それでも僕は医者になりますが…

 

医学生はもてるのか?

一般的にもてません。

基本的にコミュニケーション能力が低く、自虐的で、自分が振られるのなんて耐えられない人種です。

内輪の医者同士の結婚や看護師との結婚が多いのもこういうところに理由があると思います。

まあ、忙しくて恋愛している暇がない、ということもありますが…

 

よくいる医学生

医学生たるもの勉強を怠ってはならない。しかし、勉強することが目的となってはならない。

我々の最終目標は患者さんの満足である。

本人が望むならば治療しないのも医師が取るべき選択肢のひとつである。

確かに医師として揺るがない知識を蓄えることは重要である。

しかし、一部の医学生は『知識が、あることが医師として最重要』と考えいるのだ。

同期よりも成績が良い、テストで良い点を取る、(将来的に)有名病院に留学…そういう医師がエライと思っているのだ。

実際こういう医師は多い。というか幼い頃から勉強してテストで良い点取るしか脳🧠がないから他の価値観が無いのである。

だから、患者さんの話なんてあまり聞かずに自分の知識と少ない経験をもって診療にあたるのである。

『ある程度問診して検査結果みれば僕なら診断なんてチョロいぜ!』的な。

それと、医学生は人の話を聞けない人も多く、都合の悪い時は自己流に勝手に思い込みで判断しちゃいます。患者の話は話半分で十分と思ってる医学生も多いでしょう。

患者さんの話を聞かない医師…というのはよくある悪い医者の典型です。こういう医者の原型は医学生時代から培われています。

本来は優秀なんでしょうけど、もったいない限りですね😫

Tiktokerから思うもの

YoutuberしかりTiktokerしかり現代は個人が芸能人気取りである。いや、気取りというか芸能人という概念が幅広く昇華したとも言えよう。つまり、スマホを持ってる人はいつでも芸能人になれる時代なのだ。

ヒカキンとかヒカルとかはすでにYoutuberの域を超えてテレビに出ない芸能人といっても良いだろう。こういう人たち以外にもチャンネル登録数万名のSNSerはゴマンといる。

チャンネル登録数数万でどれだけ儲けられるのかは知らないが、自分の動画なりをアップロードしたら数万人が見てくれる…ってのは結構スゴイことなんじ「ないかなと思う。

今の若い年代はそういうのを見て育ってきているので『誰でも主役』みたいな空気感が強い。

スクールカースト的なものも無いわけじゃないが、自分の意見やひとりひとりの意見は尊重されるべきだと考えている人が多い気がする。

だから、クラスという単位で何か物事を決める時でも大事なのは全員の意見が反映されているか?である。

でも実際、みんなの意見を聞いてるとまとまるものもまとまらないので、結局揉める。揉めた末に微妙ものに話がまとまることも少なくない。

そういう輩に多いのは『◯◯という声がある』厨である。

せっかく上手く話がまとまりそうなのに、どっからともなく『◯◯という声もあります』厨が現れ、話をややこしくする。そういう声はキチンと誰が言ってるのかをまとめてから発言してもらいたいものです。

要は登録者数万のSNSerなんて知らんわ😡という事です。

Lineスケジュール

医学生は何かとスポーツが好きなので仲間内で集まってバスケ⛹️‍♂️🏀なんてすることがあります。

これは某学士編入したおっさんの話。

自分はこのおっさんが嫌いなので誘うことはないのですが、他のメンバーが誘ってしまうことがあります。まあ、参加しても濁った空気として扱うので問題はないのですが、毎回イライラさせられます。

このおっさん、毎回『行けたら行くね!』なんて軽口を叩いているのですが、毎回直前でLineスケジュールを欠席に変更します。

人数が十分に足りている時ならいいのですが、ギリギリの時はイライラMAXです。

しかも毎回ですよ…来る気ないなら誘われた時点で断って欲しいんですよね。

こういう人間ですから、学校に提出する簡単な書類を出さずに掲示板に督促状を張り出されたり、いつも授業は時間ギリギリ…とても30歳過ぎた社会人経験あるおっさんじゃないです。会社でもロクに評価されてなかったんだろうな、と感じます。

学士編入の医学生にはこの手のタイプのロクデナシが多いです。

医学生は屈折してるか

周りの医学生を見てると『屈折してるなぁ…』と思うことが多々あります。

良くあるのが(というか毎度)リーダーはやりたくないけど、自分の意見は通したい…という人たちのなんと多いこと。先陣切って自分で段取りしてテキパキと仕事はしないのだが『◯◯はこうした方が効率よくね?』とチャチャを入れる。

リーダーの責任を負わずに、安全地帯から人が用意した努力の結晶を批判する。

医学部で生活していると少人数でのチームで実習したり、イベントを企画したりということが多々あります。

リーダーやる人はいつもリーダー役。リーダーやらずに文句だけ言ってる文句大臣はいつも文句大臣です。また、効率ばかり追い求める効率マンもいつも効率マンです。